沖縄でのアクティビティ予約なら「沖縄トリップ」

西表島 バラス島(奇跡の島)ツアー

バラス島とは?

西表島シュノーケリングツアーで海に浮かぶ参加者

せっかくの西表島旅行、ここでしか見たり体験できない世界に行ってみたいという方は多いでしょう。ここ西表島では、そんな秘境の地を訪れることができるんです。数年前まで地図にも載っていない、まさに秘境の地と呼べるのが西表島から船で5分ほどのところにある「バラス島」です。このバラス島は何もない無人島で、ビーチのような砂は一切ありません。

実はこの島はすべてサンゴ礁の欠片でできているのです。さらに、今にも海に沈んでしまいそうな小さいこの島は、実際に干潮のとき以外は、姿を現しません。一日にたったの2時間しか島が海面に出てこないことから、「奇跡の島」と呼ばれているのです。周りを360°海に囲まれる体験は、都会では絶対にすることができないでしょう。ぜひ、西表島に行った際には訪れてみてください!

西表島からわずか5分で行けるバラス島

バラス島でビーチエントリーシュノーケリングに参加する前に写真を撮影

1日に数時間しか姿を現さないバラス島は、西表島から1kmほどしか離れていない場所にあります。西表島の上原地区からは、バラス島が海面に現れているとき、その姿を肉眼で見ることができるでしょう。バラス島へは定期船がなく、各ツアー会社が出しているフェリー船で行くことができます。さらに、5分ほどで到着するので船酔いが苦手という方でも心配いりません。サクッと行くことができて、大自然を楽しむことができるのは嬉しいですね。

バラス島は常に形を変えつづける

西表島近くのバラス島に上陸してお散歩

西表島から意外にも近くにある秘境の地ですが、バラス島の楽しみ方はただ訪れることだけではありません。実は、バラス島は島でありながらも絶えず姿形を変え続けている島なのです。バラス島が島の形を変える原因は二つあります。一つは潮の高さです。常に海の潮位は変化し続けています。それに伴って、バラス島も島の大きさを変えていくのです。特に、潮が満ちて100cmも上がるとバラス島は海の中に沈んでしまいます。二つ目の原因は、サンゴの欠片でできているため、島の大地が流されてつねに形が変わるということです。波に流されながら、常に形を変化しつづける島の神秘を味わうことができるでしょう。バラス島はただの無人島ではなく、西表島の大自然が生み出した神秘的な島とも言えます。

バラス島周辺の海は手つかずのカラフルサンゴいっぱい

西表島近くのバラス島にはカラフルなサンゴがいっぱい

バラス島自体がサンゴの欠片でできた島であるため、この海域には多くのサンゴ礁、熱帯魚が生息しています。シュノーケリングをして海をのぞいてみたら、いたるところでカラフルなサンゴ礁を見ることができるでしょう。また、バラス島の近くの海域は、世界でも屈指の美しさを誇る「石西礁湖」のエリアです。透明度が高く、サンゴ礁が豊富な海を是非堪能しましょう。

バラス島周辺で見られる生き物

バラス島の周辺の海で見ることができる生き物は西表島の中でもトップクラスの多さですが、一部人気の生き物をご紹介!

ウミガメ

西表島近くのバラス島ではウミガメに出会えることも

バラス島周辺の海では、他ではなかなか見ることができない絶滅危惧種のウミガメを目撃することがあります。甲羅から出る可愛い頭と両手両足で動く姿は、一度見たら虜になるでしょう。ウミガメは、綺麗な海域で気温や潮の流れなど一定の条件が揃ったところでしか見ることができません。ラッキーなときは、ウミガメと泳ぐことだってできるかもしれません。

カクレクマノミ

西表島近くのバラス島ではクマノミに出会えることも

ピクサーの映画『ファインディング・ニモ』で一躍有名になったカクレクマノミ。亜熱帯地域の海に生息するこの魚は、鮮やかなオレンジと白のシマシマが特徴です。サンゴ礁が豊富で、透明度が高い、この海域ではゴーグルなしで海の上から覗くだけでも見つけることができます。

アカネハナゴイ

西表島近くのバラス島で出会ったアカネハナゴイ

アカネハナゴイは一般的な家庭でも飼育が難しいとされているハナゴイです。全長は10~30cmと小さいですが、白いお腹とオレンジの背中が美しく見ているだけでも楽しむことができるでしょう。アカネハナゴイの群れを見れたらラッキーですね。

バラス島はシュノーケリングポイントとして大人気

西表島でシュノーケリングを楽しむ人達

バラス島周辺の透明度の高い海を眺めていると、海の中を覗きたくてたまらなくなってくるでしょう。実はこの海はシュノーケリングポイントとしても大人気の海です。覗くだけで色とりどりのサンゴ礁を楽しむことができる絶好ポイントでもあります。バラス島周辺の海は、浅いエリアで安全に美しい海底を眺められるので、たくさんの熱帯魚を見ることもできます。バラス島は西表島の中でも随一の絶景スポットなので、ぜひ一度は行ってみましょう!

バラス島シュノーケルは泳げなくても方でも参加可能

お子様も大満足の

バラス島への行き方はシュノーケル船で向かいます。また、上陸のみのツアーもありますが、シュノーケリングツアーでもライフジャケットを着用しているので、自然とぷかぷかと浮かびます。そのため小さなお子様や泳げない方でも浮いているだけでいいので十分透明度抜群の海を楽しむことができちゃいます。

ぜひ、ご家族、カップル、大人数のみんなでバラス島の海を楽しみましょう!

石垣島発のバラス島ツアーはこちら↓
石垣島発バラス島ツアー

バラス島ツアーのQ&A

どんな服装で参加したらいい?
水着の上にラッシュガードを着用してご参加いただくことをおすすめしておりますが、濡れてもよい服装であれば何でも大丈夫です。また、石垣島から日帰りのお客様は着替えがあると良いでしょう。
持ち物は何が必要?
特にありませんが、飲み物やタオルがあると良いでしょう。ツアーに必要な道具は全てレンタルできるのでご安心ください。
旅行の荷物を持ったまま参加できますか?
大丈夫です。ツアー中はガイドの車に施錠をしますので、お客様のお手荷物等は車内や事務所でお預かりすることができます。
バラス島ツアーは日帰りで参加可能?
もちろん大丈夫です。多くのツアーが西表島の上原港集合になります。1日ツアーの場合、8時30分石垣島発上原港行きにお乗り頂きます。帰りは、16時40分ごろのフェリーに乗っていただくため、17時30分ごろに石垣島の離島ターミナルへ到着いたします。
ウミガメを見ることはできますか?
自然の生き物なので確実にとは言えませんが、だいたい70%くらいの確率で遭遇することができます。
新型コロナウィルス感染症拡大に伴う当社ツアーの取り扱いについて
感染症の予防および拡散防止のために、
・マスク着用を心がける
・手洗いやアルコール消毒をこまめにする
・ツアー参加前の体調に気を付ける
などのご協力をお願いいたします。
また、ご旅行されるご本人様が新型コロナウイルス関連肺炎に罹患された場合、罹患が疑われる場合につきましては、当社までご相談ください。発熱等でツアーの取消しを希望される場合、取消手数料をいただかずにご旅行の取消しを承ります。
詳細はこちら↓
コロナウィルス対策について

このアクティビティを含むプラン

ツアーの予約から参加までの流れ

ツアーを探す
シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、沖縄トリップから連絡がきます♪
ツアーに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!