沖縄でのアクティビティ予約なら「沖縄トリップ」

シュノーケリングとは?

カップルで青の洞窟シュノーケリング

シュノーケリングとはマスク・シュノーケル・フィンの3つをレンタルして行うマリンアクティビティ。スキューバーダイビングなどと比べると、機材や資材を身に付けることもなく、タンクも背負わないので誰でも簡単に海の中を楽しむことができます。深く潜る際は耳抜きと呼ばれる特別な技術が必要ですが、シュノーケリングでは海面を浮いたり泳いでいくため、できなくても大丈夫です。そんなシュノーケリングは大きく2つに分けることができます。どちらが自分に合っているか選んでからツアーにご参加ください!

沖縄本島で楽しめるシュノーケリングとは?

ビーチエントリー

ビーチエントリーのシュノーケリング

ビーチエントリーは、ビーチから入っていって楽しむシュノーケリングです。イメージとして海水浴と同じような感じなので、馴染みやすいと思います。大人なら足がついてしまうような浅瀬でのシュノーケリングになりますので、小さいお子様や泳ぐのが苦手な方、年配の方などにおすすめです。浅瀬とはいえ沖縄ならではの熱帯魚などを十分に楽しめます。家族旅行の方にとても人気なアクティビティです。

ボートエントリー

船から飛び込めるボートシュノーケリング

ボートエントリーは、その名の通り、海岸からボートで沖合まで出ます。大体水深5メートルくらいのところでライフジャケット着用の上、シュノーケリングを行います。海の深いところまで見ることができますので、沖縄の海の透明度に驚くこと間違いなし。ライフジャケットが付いているので、浮かぼうとして力を入れたりすることもなく、ビーチエントリーよりも楽だという方もいます。

シュノーケリングで沖縄の海を体感

餌付けシュノーケリングを楽しむ女性

沖縄の海は言わずもがな、世界でも有数の美しさと透明度を誇ります。その海を求めて、国内のみならず、世界中からシュノーケラーが集まるほどです。息継ぎですぐに疲れてしまう海水浴よりも、シュノーケリングは海面上でじっくり海の中や底を観察しながら浮かぶように楽しめます。また、体験ダイビングよりも手軽に海の中を楽しめるというのもメリットの一つです。ぜひ、初めての沖縄の海を楽しみたい方はシュノーケリングをしてみてください!

沖縄本島のシュノーケリングで人気エリア

青の洞窟

青の洞窟シュノーケリングを楽しむ男性

青の洞窟といえばイタリアが有名ですが、ここ沖縄にも青の洞窟があります。この青の洞窟は海の浸食によってできた洞窟です。洞窟内部は外部から入ってくる太陽光の反射により、宝石のように深い青で輝くため、そう呼ばれてきました。このように青く輝くには、洞窟の入り口から入ってくる太陽光の角度、光量など、微妙な調整が必要であり、まさに自然が作り上げた偶然の芸術と言えるでしょう。沖縄県でもトップを争う程人気のシュノーケリングスポットであり、特に青く輝く午前中にかけての時間帯が人気です。

ゴリラチョップ

透明度抜群のゴリラチョップシュノーケリング

ゴリラがチョップしているかのように割れた岩場があることから、こう呼ばれています。ゴリラチョップのある海域は海の上からでもサンゴの群生が確認できるほど透明度が高く、人気のシュノーケリングスポットです。ビーチのすぐ近くにサンゴ礁があるため、沖合に出なくても簡単にシュノーケリングを楽しめます。ただ、その分海面からサンゴまでの深さがそこまで深くなく、足でサンゴを折ってしまうこともしばしばあります。サンゴを守るためにも細心の注意を払うようにしましょう。

慶良間(ケラマ)

日本有数のシュノーケリングスポット慶良間諸島の海

沖縄本島から西に40キロメートルほど離れた場所にある慶良間諸島は大小20くらいの島からなる諸島です。隠れた名スポットとしてダイバーや海が好きな方に人気です。人気の秘密はその透明度。怖いくらいに透き通っていて、熱帯魚やサンゴ礁が豊富な場所です。遠浅で、足がついてしまうようなところがほとんどなので、子どもと一緒にシュノーケリングを楽しむのもおすすめです。

ここでご紹介したシュノーケリングスポット以外にも沖縄には穴場スポットがいくつもあるので、ぜひ自分に合ったツアーを探してみましょう!

シュノーケリングツアーでは餌やりも可能なポイントもある

カラフルサンゴ周辺で熱帯魚に餌やりをする

沖縄の熱帯魚は不思議と警戒心が薄く、近づいてもなかなか逃げません。餌を購入することによって、美しい熱帯魚に餌やりをすることもできます。手の中に大量の熱帯魚がいる興奮を味わってみてください。ただし、海の環境を守るという意味でも、無断で餌を持ち込むのは禁止されていますので注意しておきましょう。

シュノーケリングツアーはどなたでも参加可能

沢山の熱帯魚に囲まれた女性

一見難しいようにも見えるシュノーケリングですが、慣れればどなたでもできるようになります。初めてシュノーケリングをされる方、お子様、お年寄りの方、問わず参加することができます。様々なプランがあるので、エントリー方法や行ってみたい海から選んでみてください。特にお子様向けのプランはGWや夏休みの間は、すぐにいっぱいになってしまう傾向にあるようです。

沖縄本島では一年中シュノーケリングが楽しめる

シュノーケリングでぷかぷかと日光浴

海水浴などの場合は10月中旬~4月にかけては海に入ることができなくなってしまいますが、シュノーケリングの場合、一年中沖縄の海を堪能することができます。沖縄が暖かいといっても、さすがに真冬は寒いのではないかと思われがちですが、実はこの時期でも水温が21度前後と高く、ウェットスーツを着用すれば寒さをあまり感じることなく、海に入ることができます。真冬の海は特に透明度が上がることで知られており、シーズン真っ盛りの時期には見られない景色を見ることができるため、リピーターには冬も人気です。

宮古島でのシュノーケリングツアーはこちら↓
宮古島シュノーケリングツアー

石垣島でのシュノーケリングツアーはこちら↓
石垣島シュノーケリングツアー

西表島でのシュノーケリングツアーはこちら↓
西表島シュノーケリングツアー

このアクティビティを含むプラン

プランをもっと見る

ツアーの予約から参加までの流れ

ツアーを探す
シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、沖縄トリップから連絡がきます♪
ツアーに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!