沖縄でのアクティビティ予約なら「沖縄トリップ」

小浜島の素敵な水中世界に溶け込めるシュノーケル体験

シュノーケリングツアーで海に飛び込む女性

ダイビングやシュノーケリングなどのマリンスポーツで人気が高い小浜島。白い砂浜に、エメラルドグリーンの海に、国内で最大規模のサンゴ礁群の「石西礁湖」にと、沖縄の原風景を思わせる麗しい自然に囲まれた小浜島。折角、海が綺麗な小浜島に来たのに、「泳げないから無理」、「子どもがまだ小さいから心配」、などと考えて、海でのアクティビティをあきらめてはいませんか。そんな方にこそ、おすすめしたいマリンアクティビティが、シュノーケリングです。誰でも気軽に遊べるシュノーケルで、色とりどりの熱帯魚やサンゴ礁などが泳ぐ美しい小浜島の海に溶け込んじゃいましょう。

手軽に楽しめるシュノーケリングとは?

シュノーケリングをする子供たち

シュノーケリングとは、「シュノーケル」と呼ばれる水中での呼吸が可能な器具を付けて楽しむアクティビティ。ダイビングと同じ海で楽しむマリンスポーツですが、ダイビングが海の中に深く潜るのに対して、シュノーケリングは水深の浅い場所で水中鑑賞を行うのが特徴です。ツアー中には浮きやすいライフジャケットを着用しますし、ガイドもすぐそばに付いていてくれますので、泳げない方でも安心してシュノーケリングツアーに参加してくださいね。

小浜島で人気のアクティビティ・シュノーケリングとは?

小浜島に生息する珊瑚礁

水深の浅いところで行なうシュノーケルは波の影響を受けやすいマリンアクティビティですが、波が穏やかなことでも知られる小浜島は、まさしく、シュノーケルに適した島。小浜島でのシュノーケリングツアーでは、ライフジャケットやシュノーケル、フィンといった3つの器具を装着後に、水深5メートルほどの場所で行います。特色の異なる種類豊富なシュノーケリングツアーがそろっているのも、小浜島でのシュノーケリングが人気の秘訣です。

小浜島でのシュノーケリングの魅力は何と言っても、様々なシュノーケリングスポットへ行けること。八重山の中心にある島なので、ウミガメのいるバラス島、マンタポイント、さらに離島のハートマークの黒島、そして幻の島といわれる浜島などどこのスポットへもアクセスが良くシュノーケリングを楽しめます。他にも現地ガイドのみが知る穴場スポットなどもあるので、人が少ないところでプライベート気分でシュノーケリングを楽しめちゃいます。

透明度の高い小浜島でのシュノーケリング体験!

透明度抜群の海に浮かぶボート

「西表石垣国立公園」に登録されるほどの麗しい自然に囲まれた小浜島。海の透明度も抜群で、透明度の高さは日本屈指と讃えられているほどです。綺麗な海の中をシュノーケルでのぞいてみると、400種類以上のサンゴ礁に、色鮮やかな熱帯魚と、陸上とは全く異なる南国らしい海中世界がそこには広がっています。海の生き物を目的にツアーを選んでも良いですし、スポットで選んでも良いですし、シュノーケルとともに遊びたいアクティビティでツアーを選ぶのもアリですよ。

天然の水族館!小浜島の多彩な海の生き物に癒される

小浜島のシュノーケリングで見られるカクレクマノミ

小浜島でのシュノーケルの醍醐味と言えば、南国を象徴するような青い海で悠々自適に暮らす生き物との触れ合いですよね。小浜島でよく目にするサンゴ礁は、魚をはじめとする様々な生き物のすみかとしても知られており、小浜島周辺のサンゴ礁に生息する生き物の数は、実に数千種類ともいわれています。小浜島では、マンタウミガメのほか、映画の「ファインディングニモ」でもお馴染みのカクレクマノミのニモやウミガメのクラッシュ、ナンヨウハギのドリーなどをはじめとする人気者と出会えることも珍しくありません。

思い立ったら誰でも即参加できるシュノーケリングツアー

小浜島でシュノーケリングをする女性

もしかすると、「泳げないけど大丈夫かな」と心配されている方もいるかもしれませんが、シュノーケリングをする際には、水中での呼吸を助けてくれるシュノーケルと浮力の高いライフジャケットも着用するので、息継ぎの心配や海に沈む心配をすることなく、泳げない方でも安心してシュノーケリングを楽しめます。

小浜島周辺は波が穏やかな場所ですが、天候や海の状況に応じて、ツアーガイドがより波が穏やかな場所へと案内してくれ、ツアー中は経験豊富なガイドがすぐ近くで見守っていてくれます。手ぶらで当日参加も可能なので、気軽に体験できるマリンアクティビティとして、小さいお子様やご年配の方をはじめとする幅広い方に人気です。

小浜島はシュノーケリングを1年中満喫できる南国の楽園

グループ旅行にもピッタリなシュノーケリング

イベントや長期の休みが多い冬は、実は、小浜島でのシュノーケルがおすすめのシーズンです。本州だと水温が低くなる冬にはマリンアクティビティをできない場所も多いのですが、小浜島はさすがに南国だけあって、冬でも水温が20度~21度ほどと高いのが特徴。

例年の11月~4月中旬にかけてはウエットスーツ、それ以外の時期には水着を着用することで、1年中快適にシュノーケリングを満喫できる常夏の島なのです。季節や水温を気にすることなく、いつでも多彩なサンゴ礁やカラフルな熱帯魚を心ゆくまで眺められるのも、亜熱帯性気候に属する小浜島ならではの魅力ですね。

幻の島に奇跡の島に!シュノーケリングの見どころ満載

幻の島で撮影するカップル

おすすめのシュノーケリングスポットが点在する小浜島では、ウミガメやマンタとの遭遇が期待できるツアーや、スーパーマーブルとバナナボートなど人気のマリンアクティビティとセットになったツアーなど、多彩な楽しみ方も。なかでも人気が高いのが、干潮時にだけ出現する「幻の島」やサンゴの欠片でできた「奇跡の島」などの無人島、可愛いハート型が特徴的な黒島など、ここでしか出会うことのできない離島をめぐるツアーです。

冬の時期でも手付かずの自然の中でシュノーケルを楽しめ、身も心も解き放ち、リラックスして過ごせます。所要時間も半日コースやランチ付きの5時間コースや1日コースなど様々ですので、自分の好みやスケジュールに合うツアーを自由に選んで、魅力的な旅行のプランを立てられますよ。

石垣島でのシュノーケルツアーはこちら↓
石垣島シュノーケルツアー

西表島でのシュノーケルツアーはこちら↓
西表島シュノーケルツアー

小浜島シュノーケルツアーのQ&A

シュノーケリングは何歳から参加できますか?
ツアーにもよりますが、3歳のお子様からご参加可能なものがございます。ツアー中はライフジャケットの着用が義務付けられていますので、泳ぐのが苦手な方でも安心してご参加いただけます。
どんな服装で参加したらいい?
水着の上にラッシュガードを着用してご参加いただくことをおすすめしておりますが、濡れてもよい服装であれば何でも大丈夫です。また、石垣島から日帰りのお客様は着替えがあると良いでしょう。
持ち物は何が必要?
特にありませんが、飲み物やタオルがあると良いでしょう。ツアーに必要な道具は全てレンタルできるのでご安心ください。
旅行の荷物を持ったまま参加できますか?
大丈夫です。ツアー中はガイドの車に施錠をしますので、お客様のお手荷物等は車内や事務所でお預かりすることができます。
シュノーケルツアーは日帰りで参加可能?
もちろん大丈夫です。多くのツアーが小浜島の小浜港集合になりますので集合時間までにフェリーでお越しください。
新型コロナウィルス感染症拡大に伴う当社ツアーの取り扱いについて
感染症の予防および拡散防止のために、
・マスク着用を心がける
・手洗いやアルコール消毒をこまめにする
・ツアー参加前の体調に気を付ける
などのご協力をお願いいたします。
また、ご旅行されるご本人様が新型コロナウイルス関連肺炎に罹患された場合、罹患が疑われる場合につきましては、当社までご相談ください。発熱等でツアーの取消しを希望される場合、取消手数料をいただかずにご旅行の取消しを承ります。
詳細はこちら↓
コロナウィルス対策について

このアクティビティを含むプラン

プランをもっと見る

ツアーの予約から参加までの流れ

ツアーを探す
シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、沖縄トリップから連絡がきます♪
ツアーに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!