沖縄でのアクティビティ予約なら「沖縄トリップ」

ダイビングとは?

女子旅で初めての体験ダイビング

ダイビングとはどのようなものなのでしょうか。ダイビングにも種類は様々ですが、空気を詰めたタンクを背負って潜水することを一般的にスキューバダイビングといいます。逆に息を止めて行うダイビングをフリーダイビングといい、この記事では主にスキューバダイビングについてをご紹介していきます。アマチュアダイバーの場合は潜水可能深度が40メートルと定まっており、潜水可能時間も3時間半ほど。しかし、一般的に体験ダイビングやレジャーダイビングの場合は平均して潜水深度20メートル、潜水連続時間は45分を3セットほど行うような形になります。シュノーケリングに比べると必要な機材が非常に多く、専門的でなんとなくとっつきにくいイメージがあるかと思います。

もちろん、資格など、それなりに本気でやろうとすれば中々敷居の高いものになりますが、実際は体験ダイビングやレジャーダイビングなどのツアーがあり、だれでも気軽にダイビングを楽しめます。ただし、だからといって油断は禁物です。シュノーケリングよりもずっと深い場所に潜るダイビングは同時に危険もあります。始める前にダイビングインストラクターの話をよく聞いて安全にダイビングを楽しみましょう!

ダイビングには大きく2つの種類がある

体験ダイビング

沖縄で人気No.1の青の洞窟体験ダイビング

体験ダイビングはダイビングライセンスを取得していない方でダイビングをやってみたい方は誰でも参加できます。数十分毎に休憩があるだけでなく、比較的水深の浅い場所(最大10mまで)にてダイビングを行います。そこまで泳ぎに自信がない方でも、比較的気軽に楽しめるダイビングの種類となっています。

ファンダイビング

沖縄の海底からの幻想的な光景

ファンダイビングはライセンス保持者のみのダイビングとなっています。ダイビングにはさまざまな階級のライセンスがあり、オープンウォーターのライセンス保持者であれば参加が可能です。試験や講習会に参加しなければならない分、体験ダイビングに比べれば敷居の高いものになりますが、体験ダイビングではいくことのできないさらに深い海も泳ぐことができるようになります。

沖縄本島で楽しめるダイビングとは?

ビーチエントリーダイビング

誰でも楽しめる沖縄の体験ダイビング

ビーチエントリーダイビングとは、その名の通り、砂浜から海に入っていくダイビングです。特殊な飛込方法などはいらず、海水浴にいくかのような感覚でダイビングを楽しむことができるでしょう。比較的浅めの海域ですることがほとんどで、泳ぎに自信のない方や、深いところは少し怖いという方に特におすすめできるダイビングです。

ボートエントリーダイビング

ボートエントリーのダイビング

ボートエントリーダイビングは小舟に乗って沖に出て、水深5メートル以上の場所で飛び込むダイビングになります。ボートに乗ってポイントまで行くので、ビーチエントリーのダイビングに比べて手つかずのサンゴや熱帯魚を楽しむことができるでしょう。浅い場所では満足しきれなくなってきた方におすすめです。

沖縄本島のダイビングの魅力

サンゴ礁

カラフルサンゴに埋め尽くされた沖縄の海

沖縄本島で楽しむことのできるダイビングの魅力はやはりサンゴ礁でしょう。これがなければ沖縄の豊かな海の生態系は語ることができません。沖縄は日本で数少ない色とりどりのサンゴ礁を楽しめるスポットです。ぜひ、天然のサンゴ礁を楽しんでみましょう。

熱帯魚

100種類以上のカラフル熱帯魚

本土の海では絶対に見ることのできないような熱帯魚を見ることができるのも、沖縄の海の特徴なのではないでしょうか。ダイビング中はまるで美しい水族館の水槽にいるみたいな気分になることができます。特に、カクレクマノミは女性やお子様にも大人気です。運が良ければウミガメマンタなど、大型の生き物に出会えるかもしれません。

透明度抜群の海

視界50mをも超す沖縄の海

海底まで見えるような驚くべき透明度は沖縄が世界に誇るものです。天候がよければなんと視界30メートルきれいに見ることができます!毎年この透明度抜群の海を見るため、世界中から人が訪れるのです。

沖縄本島での体験ダイビングは初めての方でも参加可能

ルリスズメダイと一緒に泳ぐ体験ダイビング

ダイビングを全然やったことない!そんな方でもご安心ください。一定の年齢制限はあるものの、基本的にはどのような方でも参加可能となっています。ケガやその日の健康状態はチェックされますので、旅行中の体調管理は気にしておきましょう。沖縄には青の洞窟や慶良間エリアなど人気のダイビングスポットから現地ガイドしか知らない穴場スポットまであります。ぜひ、自分の見てみたい海中風景を選んでダイビングを楽しみましょう。

体験ダイビングではレンタル器材もすべて込み

沖縄で初めて行う体験ダイビング

体験ダイビングは少し値段が高いと思われるかもしれませんが、ほとんどの場合は多くの機材のレンタル代はツアー料金に含まれています。そのため、手ぶらでの参加も可能です。買えば数十万する機材を格安でレンタルできるうえ、インストラクターもついているので沖縄観光のついでに楽しむこともできちゃいます。

一年中楽しめるダイビング

サークル旅行で体験ダイビングに参加

沖縄の海は海水浴の場合、11月~4月にかけては海に入ることは禁止となってしまいますが、ダイビングの場合は一年中楽しむことができます。真冬でも水温が20℃を下回ることはほとんどなく、ウェットスーツを着用すれば快適に楽しむことができるできます。

宮古島でのダイビングツアーはこちら↓
宮古島ダイビングツアー

石垣島でのダイビングツアーはこちら↓
石垣島ダイビングツアー

西表島でのダイビングツアーはこちら↓
西表島ダイビングツアー

このアクティビティを含むプラン

プランをもっと見る

ツアーの予約から参加までの流れ

ツアーを探す
シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、沖縄トリップから連絡がきます♪
ツアーに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!