沖縄でのアクティビティ予約なら「沖縄トリップ」

沖縄本島マングローブカヌーツアー

↓↓GoToトラベル地域共通クーポン対象アクティビティ一覧↓↓

 

マングローブカヤック(カヌー)とは?

カップルでマングローブカヌー体験に参加

沖縄は、日本では数少ないマングローブカヤックを体験できる場所です。昨今、沖縄県でマングローブカヌーはシュノーケリング・ダイビングなどに続いて人気を集めているマリンアクティビティです。

沖縄には、本島北部に世界自然遺産登録候補地になっているマングローブ原生林があります。やんばるエリアと呼ばれるこの場所には、比謝川、億首川、慶佐次川といった人気のマングローブスポットが沢山あります。

 

沖縄本島でのマングローブカヌーとは

家族旅行で沖縄カヤック体験

沖縄北部のマングローブ林は世界自然遺産候補地になっている場所です。世界遺産に登録されると観光客が増えることも予想されるため、沖縄が世界に誇るマングローブの群生地でカヤックを気軽に楽しめるのも今の内だけなのかもしれません。ツアーの中には、マングローブの汽水域を下り、海に出るようなプランもあります。

沖縄本島マングローブカヌーツアーのQ&A

 

沖縄本島でのマングローブスポット

海の河口でスタート準備をする女性たち

マングローブスポット 説明
比謝川 川自体は大きくないですが、本格的なマングローブを楽しめます。
億首川 日本の重要湿地に指定されたマングローブ川
慶佐次川 沖縄県最大級のマングローブ川。国の天然記念物に指定

沖縄本島にはたくさんのマングローブがありますが、その中でも特に人気のスポットをご紹介します。

比謝川(ひじゃがわ)

沖縄本島を流れる二級河川です。島で最大の流域面積を誇り、水がめとしての機能も持っています。非常に大きな河川であるため、波が穏やかであるだけでなく、海のように広々としていて、雄大さを楽しむことができます。最近では夜のツアー、ナイトカヤックも人気になっています。

 

億首川(おくくびがわ)

沖縄本島の中部を流れる全長8キロメートルほどの二級河川です。そのまま太平洋に流れ出しています。生息する生き物の数だけで言うと、他のマングローブよりもずっと多く、動植物をゆったり観察したいという方にはこの川をおすすめいたします。

 

慶佐次川(げさしがわ)

沖縄県最大規模のマングローブを誇るのがこの慶佐次川です。川幅も広く、国の天然記念物に指定されているほど。

遊歩道が整備されているため、カヌーやカヤックでなくてもマングローブを歩いて満喫できるというのも特徴的です。野鳥の数が非常に多いことも有名で、沖縄県有数のバードウォッチングスポットになっています。干満の差が激しいため、時間によってはカヤックができない時間帯もあるので注意しておきましょう。

 

沖縄本島で人気のマングローブカヌーの魅力

もちろん、景色がきれいということで人気の沖縄マングローブカヌーですが、その魅力は一体どこにあるのでしょうか。

 

手つかずの大自然

アーチ状のマングローブ川をカヌーで体験

沖縄の自然は、その多くが古くから手つかずのままになっています。マングローブもその例外ではありません。

人間が観光用に整備したわけではないので不自然さがなく、目の前に広がる景色が数百年の時を経てできた自然の芸術だと言えます。そんなマングローブ林の中で自然が生み出す癒しの空間を楽しんでみてください。

 

亜熱帯動植物に出会える

沖縄の手つかずのマングローブをカヤックの上から鑑賞

沖縄県はその全体が亜熱帯気候に属します。本土が温帯であるのに対して亜熱帯なので、本土では見ることのできないような動植物に出会うことができます。

マングローブ林には、大きなヤドカリヤシガニなどが生息していて、時折姿を見せてくれます。ただし、くれぐれも捕まえたりしないようにしましょう。

 

簡単にクルージング

女子旅でカヤック体験

シーカヤックなどに比べ、マングローブは汽水域の穏やかな水域を進むので、海の大きな波に襲われたりする心配がありません。非常に初心者に優しいアクティビティで、船酔いする方も安心して利用でき観光気分で亜熱帯原生林を楽しむことができるのです。雨の日や冬の寒い日でも十分に楽しめます。

 

沖縄本島マングローブカヌーツアー時の服装・持ち物・レンタル用品

沖縄本島マングローブカヌーツアー時の服装

夏(4-10月) 水着、ラッシュガード、レギンス、半袖、ハーフパンツ等
冬(11-3月) ラッシュガード、レギンス、ハーフパンツ、半袖、ナイロン製の長袖

マングローブカヌーツアーでは下半身が濡れます。また、泥が付くこともあるので、汚れても大丈夫な服装で参加しましょう。

沖縄本島マングローブカヌーツアー時の持ち物

持ち物(推奨) 日焼け止め、サングラス、帽子、ドリンク、タオル、着替え

マングローブ内は日差しが和らぎますが、それでも日差しは強いので日焼け対策は万全に。また、ツアー後そのまま観光予定の方は着替えを持っていきましょう。

沖縄本島マングローブカヌーツアー時のレンタル用品

レンタル用品 フェルトブーツ、ライフジャケット、パドル、カヤック

沖縄本島のマングローブカヌーツアーでは、必要な器材一式レンタルできます。手ぶらでご参加可能です。

沖縄本島マングローブカヌーツアーのQ&A

 

小さなお子様から初めての方でも楽しめるのがカヌーツアー

小さいお子様でも参加可能なカヤック

カヌーやカヤックは特別な技術は一切不要で、誰でもすぐにできることも人気の秘訣になっています。小さいお子様連れやおじいちゃん、おばあちゃんも一緒のご家族でも大丈夫です。お子様が小さい場合は二人乗り用のカヤックもあり、それを使えば親子でカヌーツアーに参加できます。

ライフジャケットを着用して乗りますので、さらに安心です。波がほとんどなく、川の深さも浅いので、万が一転覆しまった時も(ほとんどありませんが)慌てなくて大丈夫ですよ!

 

マングローブカヌーツアーは一年中楽しめる

写真映えも最高な女子旅カヤックツアー

沖縄のビーチでは、11月~4月にかけて海水浴が禁止になるところもあるのに対し、マングローブカヤックは一年中いつでも楽しむことができます。

カヌーツアーは、所要時間が短めの簡単なものからトレッキングもセットになった丸1日のプランまで様々です。ただし、マングローブは汽水域ですので、海の干満の影響を受けます。干潮時は水深が浅すぎて入れないということもあります。飛び入りで参加することなく、しっかりとツアーの時間帯などを確認してから予約をしておくとよいでしょう!

 

宮古島でのカヌーツアーはこちら↓
宮古島カヌーツアー

石垣島でのカヌーツアーはこちら↓
石垣島カヌーツアー

西表島でのカヌーツアーはこちら↓
西表島カヌー(カヤック)体験

 

↓↓GoToトラベル地域共通クーポン対象アクティビティ一覧↓↓

 

沖縄本島マングローブカヌーツアーのQ&A

カヌー(カヤック)体験は何歳から参加できますか?
カヌー(カヤック)体験は3歳から参加可能です。(プランにもよります。)ライフジャケットを着用するので、万が一落ちたとしても浮くので泳げなくても大丈夫です。
どんな服装で参加したらいい?
カヌーが濡れていたり、突然雨が降ることもありますので、水着の上にラッシュガードを着用してご参加いただくことをおすすめしておりますが、濡れてもよい服装であれば何でも大丈夫です。(基本的に下半身は濡れると思ってお越しください)
持ち物は何が必要?
特にありませんが、飲み物やタオルがあると良いでしょう。ツアーに必要な道具は全てレンタルできるのでご安心ください。
旅行の荷物を持ったまま参加できますか?
大丈夫です。ツアー中はガイドの車に施錠をしますので、お客様のお手荷物等は車内でお預かりすることができます。
カヌー(カヤック)には何kgの人まで乗れますか?
お一人様用カヌーの場合は100kgぐらいまでお乗りいただけます。お二人様用カヌーでしたら160kgまで可能です。
沖縄のマングローブカヌー(カヤック)ツアーはどこで開催されるの?
沖縄にはさまざまなフィールドがあるため、お客様のお好みでお選びいただけます。
新型コロナウィルス感染症拡大に伴う当社ツアーの取り扱いについて
感染症の予防および拡散防止のために、
・マスク着用を心がける
・手洗いやアルコール消毒をこまめにする
・ツアー参加前の体調に気を付ける
などのご協力をお願いいたします。
また、ご旅行されるご本人様が新型コロナウイルス関連肺炎に罹患された場合、罹患が疑われる場合につきましては、当社までご相談ください。発熱等でツアーの取消しを希望される場合、取消手数料をいただかずにご旅行の取消しを承ります。
詳細はこちら↓
コロナウィルス対策について
GoToトラベル地域共通クーポンは利用可能?

可能です。プランタイトルに【GoTo割対象】と入っているプランが対象となります。詳しくは下記をご確認ください。

詳細はこちら↓
沖縄本島のGoToトラベル地域共通クーポン利用可能プラン一覧

このアクティビティを含むプラン

GoToトラベル地域共通クーポン対象アクティビティ一覧

ツアーの予約から参加までの流れ

ツアーを探す
シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、沖縄トリップから連絡がきます♪
ツアーに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!